今日借りれる消費者金融はどこ?すぐ借りられる?【ランキング】

銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためあながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたので法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

参照:http://anpp.info/ranking/during-today.html

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

金融機関で高評価を得る要素は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分けることができます一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを利用するのが便利です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだとサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。